01 | 2017/03 | 02

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セントロードの巨星 

こんにちは!
ここのところ、若干まじめにレベルあげをしているララァです♪

・・・といっても、プレイしている時間が短いので、
上がり方は推して知るべし・・・なのですが^^;



セントロードクエ


そんなわけで、大変いい修行になる(ウマイ)と評判の、
セントロードクエに、遅ればせながら挑戦してみました♪












おっと、まずは月の初めですので、公式ランキングを^^



7月ランキング


総合17位、水鯖日記部門2位でした*^_^*

毎度、貴重な一票をこのような放置ブログに投じていただきまして、
恐縮ではありますが・・・、

ほんとうに、ありがとうございます!






さて、セントロードクエですが。

ずっとまえに、途中まで進めていたのですが、
レベル制限で進められなくなって以来、すっかり忘れていましたw



そんなわけで、今回は「遅すぎた後悔」からです♪

結構「ウマイ」クエだということもあってか、
クエの対象となる敵機(MOB)は、
微火力かつ紙のララァにはなかなかどうして手強いのです。

ポタだしなんかもそうですが、1対1の戦闘では、
ボトル狩りが楽なのですが。

ボトル


あいたたたた・・・。

とにかく紙なので、攻撃力が高い&混乱が効かない、オマケに堅い敵だと
倒す前に自分が倒されてしまいますw



足止めノヴァ


そんなときは、小隊から誘い出して、
ウサギで足止めしながらノヴァで倒してみたり。
火力ないだけに手を換え品を換え、だましだましクエを進めてきたのですが。



ベルートス無理


「破門されたベルートス」のこの方がどうにもこうにも倒せないw



まず、花を当てても、ノヴァが全弾miss!!です^^;
そして、ボトルは、5発に一発くらい当たるのですが、
花込みでダメが1000くらいしかでない。
噂によるとこの方のHPは100万くらいあって、
ときどき1万くらい回復するとか・・・?

しかも、混乱も効かないし、
攻撃力も結構あって3発くらいで逝けちゃいそうです><;;



ララァ少尉:
「うあっ!こ、こいつ、違うぞ。
 いままでのザコなんかと、装甲もパワーも・・・!」

ベルートス:
「ザコとは違うのだよ、ザコとはぁ!」




とはいえ、私とてニュータイプと呼ばれたこともある女だ。
ここでおいそれと引き下がるわけには参りません。

ララァ少尉:
「ベルートスなら
(ベルだけにw)鈴を鳴らしてりゃいいんだよ。
 生意気やっちゃって!」


・・・と、がんばって挑んでみましたが・・・。

玉砕


ララァ少尉:
「なんなんだ、この力は・・・?私が直撃を受けている??」







うん。これは無理だwと、諦めたその日。

いざセイジ


ジオンで久々にメインクエのセイジ制圧隊が組まれました^^
私は、うっかり秘密行ったあとで参加できなかったんですけどね・・・(ぁ



その席で応援をお願いして、援護隊を派遣していただくことになりました♪



ところが、敵地へ向かう道すがら、
すでにこのクエを経験されているビッター少将から交信が入りました。






ビッター少将:
「ララァ少尉!」

ララァ少尉:
「ぅ・・・少将?!あ、あなた一体何を?明日は早番じゃ・・・?」

ビッター少将:
「そんなことはどうだっていい!それより、すぐに撤退だ!」

ララァ少尉:
「えっ?」

ビッター少将:
こいつはとんだクエだぜ!
 援護隊は、一体どういう命令受けてんだ?」

ララァ少尉:
「どういう意味ですか?」

ビッター少将:
「いいか!よく聞けよ!ベルートスはポータルの向こうにいる!
 クエを受けなきゃ通れないって代物のポータルだ!」

ララァ少尉:
「ええ!?」

ビッター少将:
「このメンバーでは、援護は不可能だ!
 ポータルを通過できない!

ララァ少尉:
「ええ・・・!くぅう!」




そっ、そういえば、ポータルを通るためのアイテムをもらったような・・・!
そう、あのベルートスのもとには、クエを受けないとたどりつけないのです;;

そうこうしている間に、援護隊がセントロードへ到着。



ガトー少佐:
「ララァ少尉!早く敵のもとへ案内を!」

ララァ少尉:
「ぁ・・・いえ・・・あ・・・敵の前に、ポータルがあって・・・!
 クエなの!知らなかったのよ!

 や、正確には、忘れてただけだけどw

イリーナ中佐:
「ぇぇ!
ここまで呼んどいてそんなw




どうやら援護していただくことはできないみたいです^^;
無念・・・。

そんなわけで、せっかくご足労頂いて恐縮なんですが、
時間も遅いし、今日はここまでってことで^^;



ララァ少尉:
「だから来てもらうことは出来ないわ;;クエを受けたひとでなければ・・・!」

ゼロ少尉:
「分かりました!」

一同:
「えぇ?!」




ゼロ少尉が!

ピンチになるときっと助けに来てくれるゼロ少尉が!
サクサクとクエをすすめて駆けつけてきてくださいました!



ゼロ少尉:
「私もクエを受ける。君の手助けができるのはうれしいものだ。」

ララァ少尉:
「助かる、君の力を得れば百人力だ!
 これでミネバ様にも実力を示すことができる・・・!」

ゼロ少尉:
「ミネバ様は君の直接の上司だったな?」

ララァ少尉:
「・・・ゼロ。」

ゼロ少尉:
「なんだ?」

ララァ少尉:
「私はよい友を持った(TДT」

ゼロ少尉:
「水臭いな、今更。はははは!」




見送り


そんなわけで、支援をかけていただいて、お見送りしてもらいまして。



殿様クエ


慎重に丁寧に、こんなところまで削って頂きましてw



ララァ少尉:
「これでLAっ!どうだ!」

ベルートス:
「見事だな!・・・しかし小娘、自分の力で勝ったのではないぞ。
 その強化人間の実力のおかげだという事を忘れるな!」

ララァ少尉:
「ま、負け惜しみを・・・!
ま、そのとおりだけどねw




とにもかくにも、UPすることができました♪

これぞ殿様釣りならぬ、殿様クエですねw

ほんと、頼もしい仲間を持って、ララァはシアワセです!!
ゼロ少尉、そして駆けつけてくださった援護隊の皆さま、
どうもありがとうございました♪






バルバルト様へ報告


その後、依頼人のバルベルトさまに報告に行きますと。

「ベルートスを倒したのか?!本当にすごいな!」

・・・と感心されましたw
ゼロ少尉に手伝ってもらった
というかほとんど倒してもらったことは黙っておきました(^▽^;;

あ、そのお名前、アンドリュー・バルトフェルドっぽくて好きですよ♪







以上、ララァがお伝えしました。

ジークジオン!!

提供はジオン公国でした。






<おまけ>

ブリーフ


えっΣ(・〇・;)

・・・BISさんのブリー・・・(〃ノωノ)キャッ






【ジオン公国国民募集】
ジオン公国では、共に戦ってくれる兵士を募集しています!
興味を持たれた方は

●【国民募集要項】(集え!国民よ!)
●【ジオン公国メンバー表】(ジオンに集いし戦士たち)

をご確認のうえ、このブログのコメントか、
【ジオン公国仮設掲示板】(Principality of Zion)に書き込みをしていただく、
公国関係者にゲーム上で耳をいただくなどにより、参加表明をお願いします!
ジオンは諸君らの力を欲している!

立てよ!国民よ!






コメント

ちなみに、わたしのキャラもだーれもそのクエ、やってないだれかいくならいきたいかも
しかし、ららぁのぶろぐがブリーフでおわるとは

Re: セントロードの巨星

更新お疲れ様です!!

困った時に集まってくれる、手助けをしてくれる。
本当に有難いですよね! こんな時はギルドって良いなぁと思います。
ジオンには良い兵(メンバー)が揃ってて、頼もしい☆

良く顔を合わせる兵、タイミングが合わなくて、少し疎遠になってる兵
そしてあまり顔を合わした事の無い兵。皆、これからも宜しくお願いします^^
ジークジオン!

コメントありがとうございます!

コメント返し遅くなってすみません><;;
ここのところいろんな意味で余裕がなくて・・・^^;
年中、余裕のない女、ララァです(^▽^;

> シャア大佐!
大佐のレベルならあるいは楽勝かもしれませんが、
基本的に魔法抵抗がすごいそうです。
BISさんのブリーフは確か、70Mくらいだったかな?
かなりの高級品?でしたw

> クラウン軍曹!
ほんと、仲間がいるってすばらしーことですね♪
クラウン軍曹もぜひ、仲間を踏み台にして(ぇ?)
のしあがってきてくださいまし☆彡

ジークジオン!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。